Vol.21 子供を褒めることでの効果とは? また効果的なほめ方について


pixta_14179193_S

子供の教育やしつけには、さまざまな方法があります。叱ったり、褒めたり、またはその両方を上手に取り入れながら、子供の成長を促す親御さんもいるでしょう。中でも褒めることは、子供の成長に大きな影響を与えると言われています。ここでは、子供を効果的に褒める方法について紹介します。

なぜ子供は褒めてあげるべきなのか?

子供を褒める大きな目的は、本人に自信をつけさせてあげることです。自分自身がやったこと、できたことを褒めることで、子供は自分の行動に自信を持ち、自分からアクションを起こせるようになるのです。
反対に叱ってばかりいると、自信を失くし、何もできなくなってしまうこともあります。普段から叱ることが多い親御さんは、自身の言動を一度注意して振り返ってみてください。

子供を褒めることで得られる良い効果とは?

自然科学研究機構・生理学研究所の研究結果では、運動トレーニング中に褒められると、上手に運動技能を取得できることが証明されています。褒める行為は脳にとって、嬉しい報酬になるとされているのです。
そもそも、人は褒められると、ドーパミンという脳内物質が出ると言われています。この物質は、何か取り組んでいる活動を強化する作用が期待できます。例えば、勉強をしていて褒められることでドーパミンが分泌され、勉強という行動が強化されて「もっと頑張ろう」と思えるのです。

しかし、ただ褒めれば良いというわけではありません。場合によっては、褒めることが逆効果になってしまうこともあるのです。後半で詳しく見ていきましょう。

こんな褒め方はNG!

褒め方にもいろいろありますが、その中でやってはいけない褒め方とはどのようなものでしょうか?
一つは、本心から出たものではないと分かる、わざとらしい褒め方です。「いい子だねえ」、「えらいえらい」、「すごいね」という言葉は口先だけの言葉、と捉えられることがあり、子供はそれを敏感に感じ取って反発してしまうのです。

また、結果だけを褒めるのもNGです。これをすると、「大切なのは結果である」という思考に繋がりやすく、失敗を恐れるあまり、確実に結果を出せる安易な道に進みやすくなってしまいます。

さらに、他人と比較して褒めるのもよくありません。子供が他人に勝てば褒めてもらえると思うようになると、必要以上に他人を気にするようになったり、目的を見失って「他人に勝てばそれで良い」という思いが強くなったりしてしまうのです。

子供を上手に褒めるときのポイントやコツ

子供を褒めるときは、結果だけではなく、努力したプロセスも褒めることが大事です。過程を褒められれば、「結果を気にするのではなく、まずは精一杯頑張ってみよう」と思えるようになるのです。
また、「すごい」と褒めるだけでなく、どのような努力をしてそこまでやったのか、なぜそう思ったのかといった質問をして、子供自身に、自分がどのようにして頑張ったのかを意識させるのもポイントです。
大切なのは、具体的に褒めること。そうすることで子供は、「自分がしたことの、どこが良かったのか」を認識することができ、物事にチャレンジし続けることができるのです。

褒めることは、確かに子供に非常に良い影響を与えますが、口先だけの褒め言葉では逆効果になってしまいます。本当に褒めていることを伝えるためにも、具体的に褒めてあげること、子供の成長を一緒に喜ぶ姿勢を持つことが大切でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です