Vol.70 子供の英語教育を小学校入学前からした方がよい理由


2016042911

「子供は元気が一番、習いごとは必要ない」という意見があります。確かに元気で楽しく過ごせるなら、それで十分かもしれません。しかし、子供の「可能性」を考えた場合、今手に入れておけば生涯役に立つという種類のスキルがあります。英語教育がその1つ。

そして英語を身につけるのに「子供であること」が、とても大切だとしたらどうでしょう。

今回紹介するような小学校入学前から勉強する理由を知って、才能の扉を開いてあげませんか。

「音感習得能力」は6歳でほぼ発達が止まります

耳は発達の早い器官で、ママの胎内にいる時から赤ちゃんには音が聞こえています。

聴覚が肉体的に完成するのは6歳頃。それ以降は、発達が止まってしまいます。

生まれてから6歳までの耳の成長期を「臨界期(音を覚える能力が最も高い時期)」と言い、この時期に身につけた音感はネイティブなものとして身につきます。入学前に英語教育を始める方が良いという理由がまさにここです。「臨界期」にネイティブイングリッシュに触れることは、その後英語を学ぶのとは次元の違う効果があるのです。

小学校から始まる英語教育、子供が最初につまずかないために

文科省は今、初等教育段階からグローバル化に対応する教育環境作りを進めています。

小学校では現在、5年、6年時に年間35単位時間の「外国語活動」を必修としていますが、今後外国語は小学3年からの必修となり、5年、6年時では成績がつく正式の「教科」になります。

「英語が話せなくても日本で暮らすなら問題ない」という時代は、もう過去になっています。小学校中学年から始まる英語の授業、入学前から英語を学んでいた子が圧倒的に有利なことは言うまでもありません。

「恥ずかしい」をおぼえる前にネイティブの英語をおぼえる

その場に英語の得意な人がいると、英語で話すのをためらってしまう……。英語が得意でない人なら、誰でも経験のあることではないでしょうか? 入学前に英語を学ぶことの、大きなメリットがここにあります。「苦手意識」や「できなければ恥ずかしい」という気持ちがまだない幼児期に、ネイティブの英語をおぼえてしまう。最初のハードルを自然に越えることができれば、小学校での英語学習も自信を持って向かえます。

グローバル化社会、英語ができれば仕事のチャンスも広がる

HONDA、日立製作所、楽天、ファーストリテイリング(ユニクロなどを所有)、三菱地所、三井不動産、アサヒビール……そうそうたる一流企業名が並びますが、これらの企業はすべて、社内公用語の英語化を発表した企業です。この他にもグローバルに活躍する大手企業が、次々と社内公用語の英語化を進めています。

英語は今や、社会人に強く求められるビジネススキル。英語ができれば、仕事のチャンスも大きく広がります。

文科省は「英語教育改革実施計画」の中で、中学の授業を英語化することも検討しています。将来、大学入試ではスピーキングが試験科目に入るとも言われています。こういう世の中の流れを見ても、まだ幼児からの英語教育は無用と言えるでしょうか? 子供のために何を選ぶかは、親御さんにしかできない判断。将来のために、早期の英語教育を考えてみませんか?

hmb_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です