Vol.25 子供に早寝早起きさせるためには?


pixta_5682646_S

睡眠時間は、子供の成長に大きな影響を与えるものとして、多くの人に知られています。しかし、近年ではスマートフォンの普及などもあり、夜更かしをする子供が増えているようです。こういった子供は、どうすれば早寝早起きの習慣を身に付けられるのでしょうか? ここでは、早寝早起きの効果と実践に移す方法についてご紹介します。

子供が夜更かしをすることで起こるさまざまなリスク

睡眠不足は、日中に眠気に襲われるというだけでなく、意欲低下や記憶力の減衰などを引き起こす原因になると言われています。さらに、体内のホルモン分泌や、自律神経機能にも悪影響を与えてしまう可能性がありますし、効率的に知識を吸収できなくなる恐れもあります。

また、睡眠不足は、ネガティブな感情を助長するということもあるようです。反抗期に入った子供の場合は特に、この影響から躁鬱病やうつ病を発症してしまうリスクも否定できません。こういった観点からも、子供の睡眠には注意を払っていきたいものです。

早起きすることで、子供の成長にも効果がある

早起きは、子供の成育に良い影響を与えると言われています。例えば、早起きができれば、家を出るまでの時間にゆとりが持てるようになるでしょう。そうすると、午前のエネルギーを補給する朝ご飯をきちんと摂取できるようになりますし、学習効率の高い「朝学習」を行うこともできます。

また、朝に太陽の光を浴びることで、セロトニンと呼ばれる神経伝達物質の分泌が活発になります。セロトニンは、ドーパミンやアドレナリンといった興奮を促す伝達物質が過剰分泌されるのを抑え、心のバランスを保つ働きをする物質。集中力を上げる効果もあるため、子供の学習能力の向上も期待できるでしょう。

早い時間に寝る習慣を子供に身につけさせるには?

近年ではスマートフォンの普及により、SNSを用いて夜遅くまで友達とコミュニケーションを取ったり、アプリゲームで遊んだりして、寝る時間が遅くなっている子供も少なくないようです。こういった子供に関しては、親御さんがスマートフォンを使う時間を制限して、寝る時間を決めてあげることも必要になるでしょう。決まった習慣を作ることができれば、自然と眠気が訪れるようになるはずです。

また、人は活発に行動し、程良い疲労感を持つことで、自然と眠くなるものです。学校が終わった後や休日は、なるべく外で遊ばせるなどして、適度な運動習慣を付けてあげることも、早く眠れるようになるでしょう。

子供を早起きさせるために日光を利用しよう

人は基本的に、十分な睡眠時間を得ることができたら、自然と目が覚めるようになります。そのため、前日の早い時間にきちんと寝かしつけられていれば、問題なく早起きができるでしょう。

しかし、早起きが苦手という子供もいると思います。そういった場合には、朝起きたらカーテンを開け、日光を取り入れてあげることが効果的。上記でも説明したように、日光には脳を覚醒するセロトニンの分泌を促す効果があるため、すっきりと目覚めやすくなるはずです。

睡眠は発育や学習にも大きな影響を及ぼすもの。現代はテレビやゲームなど、子供にとってさまざまな誘惑がありますが、子供に正しい生活習慣が身に付くよう、しっかりと教育することが大切です。

「身伸革命180」は、お子様の健やかな成長を応援します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です