Vol.28 子供の冷え性を改善!原因と改善方法について


20150801

冷え性に悩まされている女性は多くいますが、近年では、子どもの冷え性も増加しているとされています。今回は、子供の冷え性の改善方法についてご紹介します。

子供が冷え性になる原因について

冷え性とは、血行不良などによって、主に手足などが冷たくなってしまう症状を言います。近年、子供の冷え性が増加している原因には、屋内でゲームなどに夢中になり、運動不足に陥ることなどがあげられます。

また、習い事や夜遅くまでゲームに夢中になってしまうなどの理由で、子供の就寝時間が遅くなっている傾向があります。睡眠不足や生活リズムの乱れも冷え性に関係しているとされていますので、これを改善するためには、親が子供の生活を管理してあげることが必須になってきます。

子供の健康的な生活を送るためには、親のサポートが欠かせません。子供が冷え性になる原因を一つでも無くしてあげることが大切です。

子供が冷え性になると体にどのような影響が出るのか?

血液循環が低下して冷え性になると、血液中の栄養分や酸素が体内に行き渡らなくなり、病気に対する抵抗力を弱めてしまうことがあります。そのため、風邪を引きやすくなったり、便秘や下痢などの症状を引き起こしたりしてしまいます。また、血行不良は腰痛や肩こりなどの原因にもなるでしょう。

冷え性が引き起こす症状によって、学校の授業に集中できないなどの弊害が生じることもありますので、子供の場合は特に軽視できないと言えるでしょう。

子供の冷え性を改善する方法とは?

子供の冷え性を改善するためにはどうすれば良いのでしょうか? 例えば、下記のような方法があります。

冷え性対策グッズを活用する
雑貨屋や百貨店などに行けば、冷え性を改善するためのグッズが多数販売されています。代表的なものとしては、湯たんぽや腹巻などがあります。子供用の商品も販売されていますので、こういったグッズを活用してみると良いでしょう。

食生活を見直す
冷え性を根本から解消するためには、やはり食生活の見直しが欠かせません。冷え性の原因となる血行不良を改善することが大切ですので、血液の循環を促してくれる生野菜などを多めに摂取するのがおすすめです。
子供はあまり野菜を好まない傾向にありますので、子供が好むドレッシングを使用したり、野菜ジュースにしたりするなど、抵抗なく摂取できるように工夫しましょう。

また、夏場に冷たいジュースを飲み過ぎてしまう心配がある場合には、冷蔵庫の中にジュースを買い溜めしておかないなど対策が必要です。

多くの方は、夏に比べて冬の方が冷えやすいと思っているかもしれませんが、冷え性は決して冬だけのものではありません。
特に夏場は暑さを嫌って外に出たがらない子供もおり、冷房の効いた部屋の中で冷たいジュースを過剰に摂取してしまうなど、冷え性を悪化させる行動をとってしまうことも。
自堕落な生活に陥りがちな夏休みなどは、自律した生活を送ることを促し、親がしっかりとサポートしていきましょう。

「身伸革命180」は、お子様の健やかな成長を応援します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です