Vol.55 脳の疲れの原因と解消法


「脳が疲れる」という概念はあまり馴染みのあるものではないかもしれません。それでも「頭がボーっとする」、「集中できない」、「ミスが多い」といった状況は皆さん経験があると思います。これが「脳の疲れ」と言われているものです。今回はこの「脳の疲れ」についてその原因と解消方法についてご紹介したいと思います。

脳の疲れの原因とは?

まず脳の疲れによる具体的な症状を改めて整理すると、「考える気力がない」、「考える力が乏しくなる」、「集中できない」、「物忘れをする」、「作業効率が悪くなる」、「注意力が散漫になる」などが該当します。

これらは脳の基本的な機能(理解、判断、思考、記憶など)が、「疲れ」が原因で低下してしまったことによって起こる事象になります。
では、「なぜ脳が疲れるのか?」というと、1つは「血行不良」が原因です。脳が血行不良を起こすと、脳に十分な酸素が供給されずその機能が低下するからです。脳が血行不良に陥るのは、首、肩、背中の疲労に起因するとも言われています。疲労によってそれらの筋肉が硬直し、血管をしめつけてしまったために、細くなった血管が十分な血流を脳に送ることができなくなるからです。

2つ目は「睡眠不足」からくるものです。睡眠は脳を休息させるために行う大切なもの。十分な睡眠をとらないと脳の疲れは取れずに蓄積されたままとなってしまいます。

3つ目は「ストレス」です。人間関係の悩みや疲れといった精神的な疲労は脳にダメージを与えると言われています。特に「我慢」を強いて生じるストレスのダメージは相当なものだそうです。

そして最後は、「情報過多」です。脳はその処理能力を超えた情報量を取り込んでしまうと、一気に疲労してしまいます。特にパソコンやスマートフォンの過度な使用はこの情報過多を生む要因とも言えるでしょう。そしてパソコンやスマートフォンのディスプレイが発する「ブルーライト」は、脳の疲労をさらに拍車をかけるとも言われています。

脳の疲れを解消するには?

脳の疲れを解消するためには、まずは休養をしっかり取るようにしましょう。脳だけでなく体もしっかり休ませて全身の疲労を解消させることが大切です。そして、脳と体を休ませるためには睡眠をとることが何よりも重要です。十分かつ質の良い睡眠をとるためには、寝る前には「お茶やコーヒーといったカフェインの入った飲み物を避ける、「パソコンやスマートフォンは使用しない」といった習慣をつけるようにしましょう。また、脳をリフレッシュさせることも必要です。家族や友達、恋人と過ごしたり、趣味を楽しんだりすることで、仕事や、嫌なことから脳を解放させてあげましょう。さらにもう1つ、頭皮マッサージも効果的です。頭皮マッサージをすると脳の血行が良くなります。頭皮マッサージは強すぎないように、そして爪をたてずに指の腹で行うようにしましょう。脳の疲れを放置しておくと、思わぬ病気を発症してしまうケースもあるようです。

今回紹介した内容を参考にしていただき、脳の疲れをしっかりと解消するようにして下さい。

manga_hmb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です