ビタミンB3(ナイアシン)


■成分の特徴
ビタミンB群の仲間の一つで、水溶性のビタミンです。体内では必須アミノ酸のトリプトファンを使ってナイアシンを作り出すことができます。トリプトファン60mgから1mgの割合でナイアシンが作られます。ただしビタミンB1、B2、B6が不足していると作り出すことができません。ナイアシンが不足すると人格にネガティブな変化が起こるとも言われています。また、性ホルモンのエストロゲン、プロゲステロン、テストステロンの合成にも必要不可欠で、その他インスリンなどの合成にも関与しています。特に神経系の健康や脳の働きに必要なビタミンです。血行の改善、アルコールや二日酔いの元となるアセドアルデヒドを分解する働きもあります。幅広い食品の中にも含まれているため比較的安定した栄養素ですがお酒を飲む機会が多い方は積極的に摂取することをお勧めします。

■注意事項
多量のナイアシンを摂取すると尿酸のコントロールを妨げ、痛風のような症状を起こさせることがあります。また1日100mg以上の大量摂取の場合にのみ皮膚にかゆみが出る可能性があります。

■多く含まれる食品
カツオ   15.2mg 刺身5切れ(80g中)
たらこ   12.4mg 1/2本(25g中)
豚レバー  11.2mg (80g中)
ひらたけ   5.4mg (50g中)
ピーナッツ  0.2mg 15粒(10g中)

■1日摂取量
成人男性  17mg
成人女性  13mg

許容上限摂取量
成人 60mg