ビタミンB5(パントテン酸)


■成分の特徴
ビタミンB群の仲間の一つで、水溶性のビタミンです。主に細胞の構成や正常な成長の維持、中枢神経の発達などに関与しています。普段の生活の中では、怪我をしたときに傷の治りをよくしてくれたり、抗体を作ってウイルスと闘ったり、コレステロールや中性脂肪を下げるのにも役立っています。また糖及びや脂肪酸をエネルギーへ転換するするのに必要不可欠なビタミンなのでアスリートにとっては非常に重要なビタミンです。

■注意事項
パントテン酸は、過剰摂取による副作用は特にありません。またパントテン酸は「どこにでもある酸」というギリシア語から由来しているとおりあらゆる食物の中に含まれている栄養素です。

■多く含まれる食品
鶏レバー 10.10mg
子持ちカレイ 2.41mg (100g中)
にじます  2.36mg (100g中)
納豆    1.80mg (50g中)
アボカド  1.15mg (70g中)
鶏もも肉  1.50mg (70g中)

■1日摂取量
成人 5mg