ビタミンK(脂溶性)


■成分の特徴
・血液凝固因子を合成する
・骨にカルシウムの付着を助ける
・骨粗鬆症の予防
・止血にはたらく
・腸内細菌によって合成される
・肝臓に貯蔵される

■注意事項と成分の説明
ビタミンKは、血液を固めたり滑らかにしたり調節をしてバランスをとる作用を持ったビタミンです。また、骨の形成にも関与し丈夫な骨を作るのはもちろん骨粗鬆症の治療にも使われています。妊婦への注射による過剰投与で副作用がでた例があります。

■多く含まれる食品
あしたば  250μg (50g中)
納豆    435μg (50g中)
かぶの葉 170μg (50g中)
豆苗    160μg (30g中)
春菊    150μg (60g中)
小松菜   147μg (70g中)

■1日摂取量
成人男性 65μg
成人女性 55μg

許容上限摂取量
成人 30000μg