ミネラル


生体にとって欠くことのできない元素のうち炭素、水素、窒素、酸素以外をミネラル(無機質)といい、体内で作ることができないため食べ物で取り入れる必要がある。主なミネラルは、カルシウム、リン、硫黄、カリウム、ナトリウム、塩素、マグネシウム、鉄、フッ素、亜鉛、銅、マンガン、モリブデン、クロム、コバルト、セレン、ヨウ素などがある。
ミネラルは生体組織の構成や、生理機能の維持・調節に必要な微量栄養素です。それぞれのバランスが大切です。多すぎても少なすぎても、健康の保持・増進には好ましくありません。