ナトリウム


■成分の特徴
・カリウムと共に水分の浸透圧を維持する
・水分調節にはたらく
・神経の刺激伝達にはたらく
・カルシウムが血中に溶けるのをたすける
・胃腸の消化をたすける
・体液のPH(ペーハー)を調節する

■注意事項と成分の説明
現代の食事では不足することはありませんが、逆にとりすぎによる
高血圧と脳卒中の生活習慣病が心配されます。
ナトリウムは、神経の刺激伝達や細胞外液の浸透圧の維持にはたらいています。
(細胞外液とは血液のこと)

■多く含まれる食品
みそ   882mg (18g中)
食塩   585mg (1.5g中)
カップめん 520mg (75g中)
塩いわし 490mg (80g中)
梅干   440mg (80g中)
さきいか 350mg (50g中)
■1日摂取量
成人  10g以下