リン


■成分の特徴
・骨や歯をつくる主原料
・細胞膜を構成する
・神経や筋肉を正常に機能させる
・エネルギーをたくわえる
・糖質の代謝を促進
・ナイアシンの吸収を助ける

■注意事項と成分の説明
リンは、細胞を構成する重要なミネラルです。リンの約80%はカルシウムと結合してリン酸化カルシウムとなり骨や歯の主成分になっています。残りの20%は筋肉、脳、神経、肝臓などあらゆる組織に存在します。2g以上の摂取で甲状腺機能亢進をきたすといわれています。

■多く含まれる食品
田作り   690mg (30g中)
するめ   550mg (50g中)
わかさぎ  280mg (80g中)
ししゃも   258mg (60g中)
そらまめ  220mg (50g中)
牛乳    195mg (210g中)

■1日摂取量
成人  700mg

許容上限摂取量
成人  4000mg