L−トリプトファン


■成分の特徴
・肝臓や腎臓でエネルギー源となる
・神経伝達物質セロトニンの原料となる
・精神安定、催眠、鎮痛の役割をする
・慢性的な痛みを軽減する
・脳神経の安定
・時差ぼけに作用する

■注意事項と成分の説明
トリプトファンは、肝臓や腎臓でエネルギー源となるほか、精神安定、催眠、鎮痛の役割をする神経伝達物質セロトニンの原料にもなっています。トリプトファンは食品から摂取しなければならない必須アミノ酸の一つで、牛乳から発見されたアミノ酸です。

■多く含まれる食品
[高野豆腐 760mg (100g中)
湯葉乾  770mg (100g中)
かつお節 1000mg (100g中)
しらす干 440mg (100g中)
すじこ  280mg (100g中)
たらこ  300mg (100g中)

■1日摂取量
タンパク質の摂取量
成人男性 70g
成人女性 65g
妊婦    65g
授乳婦  85g