L−メチオニン


■成分の特徴
・ヒスタミンの血中濃度を下げる作用がある
・抗うつ作用
・分裂症予防
・イオウを含んだ含硫アミノ酸
・カルニチンをつくる原料
・動脈硬化を防ぐ

■注意事項と成分の説明
メチオニンは、ヒスタミンの血中濃度を下げる作用のあることが報告されています。ヒスタミンは、けがや薬などの外因に反応してかゆみや痛みをひきおこすときに関係する、体内にある化学物質です。メチオニンは食品から摂取しなければならない必須アミノ酸の一つで、イオウを含んだ含硫アミノ酸です。

■多く含まれる食品
高野豆腐 790mg (100g中)
湯葉乾  850mg (100g中)
かつお節 970mg (100g中)
しらす干 570mg (100g中)
すじこ  710mg (100g中)
たらこ  560mg (100g中)

■1日摂取量
タンパク質の摂取量
成人男性 70g
成人女性 65g
妊婦    65g
授乳婦  85g