L−ロイシン


■成分の特徴
・肝臓の機能を高める
・成長を促進する
・バリン、イソロイシンで分岐鎖アミノ酸となる
・神経の働きをたすける
・他のアミノ酸と違い筋肉で代謝
・口から入れないと摂取できないアミノ酸

■注意事項と成分の説明
ロイシンは、肝臓や筋肉に働きかけます。多くのアミノ酸は肝臓で代謝されますが、バリン、ロイシン、イソロイシンの3つです。この3つのアミノ酸を総称して分枝鎖アミノ酸(BCAA)は筋肉の中で代謝されます。エネルギー源の強い味方です。一日の必要所要量は必須アミノ酸の中でも最大です。
■多く含まれる食品
高野豆腐 4600mg (100g中)
湯葉乾  4500mg (100g中)
かつお節 6200mg (100g中)
しらす干 2900mg (100g中)
すじこ  2500mg (100g中)
たらこ  2500mg (100g中)

■1日摂取量
タンパク質の摂取量
成人男性 70g
成人女性 65g
妊婦    65g
授乳婦  85g