糖 質


糖質は大きく分けて単糖類、少糖類、多糖類に分類されます。
単糖類は、グルコース(ブドウ糖)・フルクトース(果糖)・ガラクトース(乳糖)が一つの状態です。
少糖類は、グルコース・フルクトース・ガラクトースが2〜10個つながった状態でオリゴ糖とも呼ばれます。
少糖類の中でも2糖類のスクロース(ショ糖)は砂糖の主な成分でグルコース1個にフルクトース1個が結合したものです。乳に含まれるラクトース(乳糖)はグルコース1個にガラクトース1個が結合しています。麦の芽に多く含まれるマルトース(麦芽糖)はグルコース1個とグルコース1個が結合しています。ちなみにスポーツ時によく使用されるハチミツは、グルコース1個とフルクトース1個ですが蜂の消化酵素によって分解された状態なので非常に吸収に優れています。
多糖類は、グルコース、フルクトース、ガラクトースが11個以上つながった糖類です。でんぷん(植物の貯蔵庫)、グリコーゲン(動物の貯蔵庫)、セルロース(植物の繊維)があります。横一列に並んだα1−4結合のものをアミロース、複雑に結合(α1−6)したものをアミロペクチンと言います。
食物繊維はヒトの消化酵素では消化できない多糖類です。