ビフィズス菌


■成分の特徴
・腸内で有害菌の繁殖を抑える。
・肝臓障害を軽減する。
・免疫力を向上させ、抵抗力を高める。
・消化・吸収・排便を促進する。
・ビタミンB群などを合成する。

■注意事項と成分の説明
腸内細菌のうち、善玉菌と呼ばれる。厳密にいうと乳酸菌ではないが、
乳酸菌の仲間に分類されることがある。腸内でビフィズス菌優勢という状態にあると、
種々の栄養成分の吸収効率が上がるといわれています。
老化と共にビフィズス菌の比率が下がるともいわれます。