アラキドン酸


■成分の特徴
・血圧を調整する
・免疫系の機能を調整する
■注意事項と成分の説明
アラキドン酸は体内で合成することができず、食物から摂取しなければならない
必須脂肪酸の一つです。妊娠後期の胎児や出生直後の乳児の健全な発育のために
必要とされています。
過剰摂取すると、動脈硬化、高血圧、心不全、アトピー性皮膚炎などを
引き起こしやすくなります。医師の指導があった場合以外は必要ありません。