EPA(不飽和脂肪酸)


■成分の特徴
・血小板を凝集を抑制する
・血栓を解消し、血流をよくする。
・悪玉コレステロールをへらす。
・善玉コレステロールをふやす。
・血液中の中性脂肪を減らす。

■注意事項と成分の説明
EPAは食品からとらなければ、体内でつくることはできません。
魚の脂肪(魚油)に含まれる成分で、健康にいいオメガ3系列の多価不飽和脂肪酸の一つです。
血液をさらさらにして、動脈硬化などを防ぎ、
「アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状を改善するなど、
DHAと同じく幅広い効果があるとみられています。

■多く含まれる食品
さば 1.5g(1切れ80g中)
はまち 1.2g(1切れ80g中)
きんき 1.2g(1切れ80g中)
まいわし 1.1g(1尾80g中)
うなぎ蒲焼 0.9g(1串100g中)
秋刀魚 0.8g(1尾100g中)