送料無料まであと¥ 5,000(税込)です。

ARTICLE健康 コラム|記事

  1. トップ
  2. コラム一覧
  3. 体の不調 / 健康の改善方法
  4. 肌がかゆいなと思ったら、まずは乾燥を疑おう

BEST PERFORMANCEでは、ご提供する健康にまつわるコラムをご提供しております。今回のテーマは「肌がかゆいなと思ったら、まずは乾燥を疑おう」です。ぜひご覧ください。

ARTICLE THEMA肌がかゆいなと思ったら、まずは乾燥を疑おう

寒くなってきたときに体がかゆいなと感じて、ついかいてしまい、それがどんどんひどくなるなんていう経験はないですか?
もちろん全てではないですが、始まりはただの乾燥でかゆみが出ているってことが意外に多いのです。
この「ただの乾燥」が実は見過ごされやすく、湿度の多い夏以外は、空気は乾燥しています。
そして、若い頃と同じような洗顔やお風呂の入り方をしていると、空気の乾燥に合わせて乾燥肌が加速してしまいます。
さっぱり、すっきりするからというイメージの洗顔やお風呂の入り方を見直しませんか。

さっぱりすっきり洗いをやめよう

まず、以下の項目に当てはまることはないですか?

  • 熱いお風呂にザバッと入るのが好き!
  • 毎日シャワーだけ!シャワーだけを1日2回は浴びて清潔に
  • ボディーソープをナイロンタオルにつけて、ゴシゴシしっかり洗っている
  • 顔も脂っぽいのが嫌だから、ゴシゴシ洗っている
  • 最後に体を拭くときに、しっかり拭きとりたいからタオルでゴシゴシ拭き取る

いかかでしょうか?思い当たることはないですか?
10代20代の皮脂の分泌が盛んだった頃は、このような洗い方でも、まだなんとか大丈夫だったかもしれませんが、年齢を追うごとに皮脂の分泌量は減少します。それなのに洗い方が同じでは、肌が乾燥してしまいます。
人間の肌は本来、皮脂膜という皮膚の守る膜に覆われています。しかし、洗い過ぎてしまうと、この保護する膜までなくなり、外からの影響を一気に肌が受けてしまうので、少しの刺激でも痒くなったりしてしまうのです。
さらに洗い過ぎが逆に皮脂の分泌を盛んにさせてしまうこともあり、かえって脂っぽい肌になってしまうこともあるのです。
さっぱりすっきりしたい!と思う気持ちと、清潔にしたいという気持ちで、ついつい洗い過ぎになっているのは残念ですよね。
乾燥肌でかゆみが出てから、慌てて化粧水をつけたり、かゆみ止めをつけたりすることはしょうがないですし、「乾燥→かゆみ→掻く→かゆみ→掻く・・・」というループにはまると、本当にひどい状況になることもあるので、早めの対処も大事です。

乾燥させないようにするには

普段から気をつけたいのは

  • 熱いお風呂は油分を取りすぎてしまうのでやめて、入浴剤を使った適温のお風呂がいいです。
  • シャワーはどうしても油分を流し過ぎてしまいがちなので、シャワーの後は保湿に気をつける。
  • 顔や体を洗うときは、泡立てた泡で、優しく洗うようにする。
  • 体を拭くときは、水滴を押し当てるように強くゴシゴシしない。

このように普段のやり方を少し見直せば、薬をつけたりするよりはとても簡単なので試してみてください。