送料無料まであと¥ 5,000(税込)です。

ARTICLE健康 コラム|記事

  1. トップ
  2. コラム一覧
  3. 体の不調 / 健康の改善方法
  4. ヒゲ剃りで肌が荒れたりするトラブルをなくしていく方法

BEST PERFORMANCEでは、ご提供する健康にまつわるコラムをご提供しております。今回のテーマは「ヒゲ剃りで肌が荒れたりするトラブルをなくしていく方法」です。ぜひご覧ください。

ARTICLE THEMAヒゲ剃りで肌が荒れたりするトラブルをなくしていく方法

毎朝、しっかりヒゲを剃ってから仕事に向かうのは、男性の身だしなみですね
しかし、ヒゲを剃る前、剃った後のケアを忘れると、肌のトラブルになってしまいます。
毎日やっているから、もう決まった形があるかもしれませんが、加齢などによりだんだん皮脂の分泌が少なくなってくると、前より肌荒れしやすくなったり、そこに雑菌が入ると湿疹になってしまったり、それを繰り返すと色素沈着を起こしてしまったりします。
いつもやっているやり方と照らし合わせて、もしも少し気になるところがあったら、見直してみるのがいいと思います。

気をつけたいポイント

  • 乾いた状態でヒゲを剃らない

電気シェーバーでもカミソリでも、乾いた状態のヒゲは硬く剃りにくいのです。湿った状態の方がヒゲは柔らかくなり剃りやすいのです。

  • ヒゲの生えている方向を確認する

ヒゲは基本的に、生えている方向と同じ方向に動かした方がいいのです。逆剃りをするとしっかり剃れますが、その表面の毛穴の皮膚の部分を削ってしまっていることになります。そして、その肌はとても乾燥しやすい状態になってしまうわけです。

  • 清潔に保つ

カミソリかぶれは、電気シェーバーでも起きます。シェービングは濡れたヒゲを剃ることなので、器具をきれいに洗って乾燥させないと、どうしても雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。さらに朝バタバタして、ヒゲ剃り後の肌をしっかり洗い流さないと、ヒゲを剃ると多少でも小さな傷ができてしまっているので、そこが赤くなったりして炎症を起こしたりします。

  • ヒゲ剃り後の毎日の肌の手入れ

ヒゲを剃った肌をきれいに洗い流したら、タオルで拭くときにあまりゴシゴシ拭かないで、水分をしっかりタオルにしみ込ませるようにしましょう。
そして、しっかりアフターシェーブローションをつけましょう。もちろんメンズ化粧水でもいいです。
この一手間をしないと、会社に着いたら肌がカサカサしていた!とか、逆に、皮脂が余分に出て脂っぽくなってしまいます。身だしなみに気をつけてしたヒゲ剃りなのに、かえって不衛生に見えてしまうのは残念ですよね。

  • もしもカミソリ剃り負けを起こしたら

必ずまずは清潔にして、冷やすことが大事です。炎症を起こしているので、スーッとするアルコールの入った化粧水は避けましょう。保湿をして、ひどいようなら自己判断をせず皮膚科に行くことをお勧めします。
毎日のことでやり方を変えたりすることは、最初は面倒ですが、肌荒れを起こさないことも身だしなみなので、男性もしっかり肌の手入れをすることが大事です。