送料無料まであと¥ 5,000(税込)です。

ARTICLE健康 コラム|記事

  1. トップ
  2. コラム一覧
  3. 体の不調 / 健康の改善方法
  4. 頭皮があびる紫外線は顔の3倍!髪のプロがケア方法を伝授します

BEST PERFORMANCEでは、ご提供する健康にまつわるコラムをご提供しております。今回のテーマは「頭皮があびる紫外線は顔の3倍!髪のプロがケア方法を伝授します」です。ぜひご覧ください。

ARTICLE THEMA頭皮があびる紫外線は顔の3倍!髪のプロがケア方法を伝授します

これから急激に上がる紫外線量!外に出るときに忘れがちなのが頭皮です。
頭皮は顔の3倍紫外線をあびているので、しっかりケアして抜のけ毛予防を。
実はこの日焼けが秋の抜け毛や薄毛の原因になってしまいます。日焼けを予防して、健康な髪を育てましょう。

○頭皮が危険なのがこの季節

夏に向かうこの季節、アウトドアやバーベキューなど長時間外に出る機会が増えて陽に当たることが多くなります。
そのときに頭皮のケアはどうしていますか?長時間屋外にいたことにより頭頂部や分け目、つむじ周辺が日に焼けて赤くなってしあうことがあります。この頭皮の日焼けが、抜け毛や薄毛の原因の一つになっていることを、意外と知られていません。

○紫外線による頭皮・髪に対するトラブルとは?

紫外線によるトラブルのいくつかをあげてみます。
頭皮に対して
1・頭皮の乾燥
この乾燥により、かゆみが出たり、フケが出たりします。乾燥から頭皮を掻いたりすることで抜け毛につながってしまいます。
2・頭皮の硬化
長時間繰り返し紫外線を浴びていて、全くケアをしないと、どんどん頭皮が硬くなり(老化)硬くなった皮膚から生える髪の毛の育毛を抑制してしまい、髪が細くなってしまいます。髪が細くなる→薄毛と、繋がっていってしまいます。
髪に対して
1・髪の乾燥
髪が日焼けをすることで髪の表面のキューティクルが剥がれやすくなり、髪の中のメラニンが壊れパサパサ、色が抜けてくるような状態になります。
2・枝毛・切れ毛
髪の内部のタンパク質が分解されてしまうことと、上記のキューティクルがはがれることと合わさって、枝毛ができ、それが進むと切れ毛になってしまいます。

○頭皮、髪に対するおすすめ対策

・スプレータイプ
最近は頭皮髪用のスプレータイプの紫外線カット剤が増えています。
スプレータイプだと、べたつかず、手の届きにくいところに付けられる効果がありますし、髪などまんべんなくつけたい場合は効果的です。スプレータイプだと、男性にも使いやすいですよね。
・紫外線カットクリーム・ローション
長時間外にいなければいけないのに、帽子もかぶれない!という時は、クリームやローションタイプのものを、 しっかり分け目やつむじあたりに塗る方と、よりしっかりカットできます。
*注意*
SPFが高いものや、クリーム・ローションタイプを頭皮につけた場合は、しっかりシャンプーで洗い流すことが大事です。残ってしまうと、かえって頭皮に悪影響です。
・帽子や日傘
帽子は男性にとっては一番使いやすい日焼け対策です。しかしムレが気になると思いますので、時々頭皮をタオルで拭くことをオススメします。さらに、最近では男性にも使える日傘がたくさん出てきています。使える時は使っていきましょう。

○もしも日焼けしてしまったら

頭皮の場合はとにかく肌と同じように、冷やすことが大事です。日焼けは火傷と同じです。タオルなどに保冷剤を包みしっかり冷やした後は、大事なのは保湿。保湿系の化粧水をコットンにとってそっとなじませましょう。
使うシャンプーも弱めのアミノ酸系シャンプーがおすすめです。
しかし、水ぶくれなどできているようならすぐ皮膚科へ行くことをオススメします。

髪が抜けたり傷んだりしないように、ケアを覚えておきましょう。

ABOUT COLUMN

実施に競技活動を行なっているスポーツ選手だけがアスリートではありません。

体を資本として働いている皆様、全員が等しく” アスリート “なのです。
こちらでは、皆様のお役に立てるように健康にまつわる情報を発信していきます。