Parse error: syntax error, unexpected '[', expecting ',' or ';' in /home/perform2017/best-performance.net/public_html/test/column-detail-head.php on line 38
送料無料まであと¥ 10,000(税込)です。

ARTICLE健康 コラム|記事

  1. トップ
  2. コラム一覧
  3. 体の不調 / 健康の改善方法
  4. 週末ランナー必見!ランニング時の水分補給グッズ特集

BEST PERFORMANCEでは、ご提供する健康にまつわるコラムをご提供しております。今回のテーマは「週末ランナー必見!ランニング時の水分補給グッズ特集」です。ぜひご覧ください。

ARTICLE THEMA週末ランナー必見!ランニング時の水分補給グッズ特集

走ることを楽しむファンランナーが、ここ数年でぐっと増えてきました。仕事でたまったストレスの発散、健康維持、気分のリフレッシュなど目的は人によってもさまざまですが、ランニングは今や誰でも気軽に始めることができる人気スポーツのひとつとなっています。
近ごろでは、ランニングをより快適に楽しむための便利なグッズもたくさん登場していて、自分好みのものを揃えるのもまた楽しみのひとつと言えるでしょう。今回は、ランニング時に便利なアイテムのなかから、水分補給におすすめのグッズを紹介していきます。

ボトル揺れが少ない腰巻ランニングバック

ランニング中の水分補給グッズといえば、腰巻のランニングバッグが定番です。ウエストポーチ型のランニングバッグにはさまざまな種類のものがありますが、大切なのは携帯しているボトルが走っている最中もしっかりと固定されていること。走るたびに水の入ったボトルが揺れてしまうようでは、走りづらさを感じたりランニングフォームが崩れてしまったりすることもあるため、注意が必要です。
では、実際にボトル揺れの少ない腰巻のランニングバッグには、どのようなものがあるのでしょうか。おすすめを2つご紹介していきます。

YURENIKUIシリーズ

背面に500mlのペットボトルを装着することができる、ウエストポーチタイプのランニングバッグです。腹部は全面ポーチになっていて、スマートフォンやデジカメはもちろん、エネルギー補給のためのサプリメントやゼリー飲料なども余裕で収納することができます。
素材はストレッチの効いたパワーメッシュを使っているため、ウエスト部分にしっかりと固定され、ランニング時の荷物の揺れも気になりません。カラーバリエーションも豊富なので、ランニングウエアとのコーディネートを楽しむこともできます。

FlipBelt×専用ウォーターボトル

FlipBeltは伸縮性に優れたチューブ型の腰巻バッグです。ウエスト部分にぴったりとフィットするように設計されているため、ウエストポーチタイプのバッグと比べてコンパクトで軽量というメリットがあります。FlipBelt専用のランニングウォーターボトルは流線型になっていて、ウエストの曲線にそって快適にFlipBelt内に収納することが可能です。

ハイドレーションシステム搭載バックバック

長距離のランニングを楽しむ際には、脱水による運動パフォーマンスの低下や、熱中症などを防ぐためにも、よりこまめな水分補給が必要になります。
一般的に運動時の水分補給は、20〜30分ごとにコップ1杯程度の水分を摂取するのが理想的といわれていますが、水分補給のたびにリュックやバッグからウォーターボトルを取り出すのは面倒なもの。そこでおすすめなのが、走りながら水分補給をすることができるハイドレーションシステム搭載のバッグパックです。

ハイドレーションシステムとは、飲み口のついたチューブが装着されたウォーターパックから水分補給をするもので、ランニング時に給水のために足を止める必要がありません。 ハイドレーションシステム搭載のバッグパックにはさまざまなタイプがありますが、そのなかでも以下の2つがおすすめです。

OSPREY デューロ/ダイナシリーズ

アメリカのバックパックメーカー「OSPREY(オスプレー)」のランナー向けパックです。全体がフレキシブルな素材で作られていて体にしっかりとフィットするため、快適にランニングを楽しむことができます。水分補給に必要なウォーターパックは左右両方に装着が可能。スマートフォンやエネルギー補給のためのゼリー飲料などが収納できるポケットもついていて、長距離ランニングにぴったりです。

CAMELBAK オクテインシリーズ

ハイドレーションシステムのパイオニアメーカーである米国「キャメルバック社」のランニング向けパックです。オクテインシリーズは数ある製品のなかでも特に軽量なのが特徴で、ランニング中でも使い勝手の良い収納機能を備えています。

短距離ランニング向け!ハンドボトル

腰巻ランニングバッグやハイドレーションシステム搭載のバッグパックは、どちらかというと中長距離を走るランナー向けの水分補給グッズですので、ランニングの距離が5キロ前後の短距離ならば、200ml〜500ml程度の水分を手元に携帯できるハンドボトルがおすすめです。ボトルを握りながら走るため、水分補給のたびに立ち止まらなくても、走りながら飲むことができます。また、ハンドボトルはしっかりと握ることができるものを選ぶのがポイントです。

CAMELBAK ナノハンドヘルド

ウォーターボトルを手元に携帯するのに便利なケースです。滑り止め付きのクロス型ゴムバンドに手を通して装着するハンドルタイプで、抜群のフィット感によってランニング中に手元から滑り落ちるのを防ぎます。

CAMELBAK クイック グリップチル

ランニング用の携帯ウォーターボトルです。ハンドルグリップが付いているため、しっかりと手元にホールドすることができ、走りながら手軽に水分補給ができます。ハンドルグリップにはスマートフォンも収納できるポケットが付いていて、小物の携帯にも便利です。

健康的にランニングを楽しむためには、水分補給のための準備が大切だといえます。上記の内容を参考にして、自分のランニングスタイルに合った水分補給グッズを揃えましょう。