送料無料まであと¥ 10,000(税込)です。

ARTICLE健康 コラム|記事

  1. トップ
  2. コラム一覧
  3. 体の不調 / 健康の改善方法
  4. 夏場に持っておきたい熱中症対策グッズ

BEST PERFORMANCEでは、ご提供する健康にまつわるコラムをご提供しております。今回のテーマは「夏場に持っておきたい熱中症対策グッズ」です。ぜひご覧ください。

ARTICLE THEMA夏場に持っておきたい熱中症対策グッズ

猛暑や酷暑が恒例となりつつある日本の夏。梅雨明けと同時にあっという間に気温が上がり、気温が体温よりも高くなることも珍しくありません。本当は冷房の効いた涼しい部屋にこもっていたいところですが、仕事で得意先を回ったり、屋外で作業をしたりということが避けられない方もいることでしょう。その場合、殺人的な暑さのなかでいかにして熱中症を防ぐのかというのが重要課題になります。

今回は、本格的な夏に突入する前に揃えておきたい、熱中症対策の便利グッズを一緒におさらいしていきましょう。

熱中症対策のために持っておきたい冷感グッズ

暑さの厳しくなった日本では、熱中症対策としてさまざまな冷感グッズが市販されています。その中でもいくつか有名なものを選んで4つご紹介しましょう。

*いずれのグッズも、必ず熱中症を防げるとは限りません。商品説明をよく読み、状況や自身に合った使い方を心がけましょう。

冷感スプレー

気温や湿度の高い夏場に屋外で長時間過ごしていると、あっという間に体が熱を持ち始めます。そのまま放置しておくと、熱中症のリスクも高くなってしまうため、できるだけ早く体を冷やさなくてはいけません。

「冷感スプレー」を使えば、服の上からジェット冷気を当てることができます。 冷却スプレーやアイシングスプレーとも呼ばれているもので、瞬間的に体を冷却してくれます。持続性には欠けますが、一刻も早く体を冷やしたい!という方におすすめのアイテムです。

冷感シート

直接肌に貼るタイプのものや、ワイシャツの襟元などに貼るタイプのものがあります。冷感スプレーと比べて持続性があるため、外回りをしなくてはいけない営業マンや屋外での作業をする方などにおすすめです。

冷感タオル

屋外でのスポーツやレジャーの時にも便利なのが、冷感タオルです。水で濡らして絞ってから軽く振るだけで、ひんやりとした心地よい冷感を得られます。ある程度の時間冷たさが持続し、冷たくなくなった場合には再度水に濡らすことで、繰り返し使うことができる優れものです。首巻き用のものや紫外線遮断率の高いものもあるので、熱中症対策はもちろん日焼け予防としても利用できます。

持ち運び扇風機

携帯できる小型の扇風機も人気の熱中症対策グッズのひとつです。小さな扇風機が作り出す風にそれほど効果がないのではと思われがちですが、湿度の高い時期には意外と快適さを感じます。おすすめはミストを噴射するタイプの扇風機。水の気化熱を利用することで、肌の表面温度を効率的に下げることができる優れモノです。

熱中症予防のために持っておきたい食べ物と飲み物

熱中症を効果的に予防するためには、冷感グッズなどと合わせて以下の食べ物や飲み物を準備しておきましょう。

塩飴

夏場に大量の汗をかくと、水分だけでなく塩分も一緒に体内から失われます。その状態で水分だけを摂取すると、血液中の塩分(ナトリウム)濃度が下がってしまい、熱中症になってしまうことも。塩飴は不足している塩分を手軽に補うことができる便利な食べ物です。外で過ごすことの多い方は、常に持ち歩いてこまめに食べるよう心がけましょう。

スポーツドリンク

汗によって失われた水分と塩分を効率良く補うなら、スポーツドリンクや経口補水液などがおすすめです。水の代わりに水分補給として摂取しましょう。緊急用に携帯するのであれば、粉状のスポーツドリンクが最適でしょう。

上記でご紹介した便利なグッズや食べ物、飲み物などをきちんと準備して、熱中症対策を行いましょう。もちろん、これらに頼るだけでもいけません。自分の体調を把握して、無理をしないことが大切です。