Parse error: syntax error, unexpected '[', expecting ',' or ';' in /home/perform2017/best-performance.net/public_html/test/column-detail-head.php on line 38
送料無料まであと¥ 10,000(税込)です。

ARTICLE健康 コラム|記事

  1. トップ
  2. コラム一覧
  3. 体の不調 / 健康の改善方法
  4. トレーニングジムにも種類がある!それぞれの特徴とサービスを徹底解説

BEST PERFORMANCEでは、ご提供する健康にまつわるコラムをご提供しております。今回のテーマは「トレーニングジムにも種類がある!それぞれの特徴とサービスを徹底解説」です。ぜひご覧ください。

ARTICLE THEMAトレーニングジムにも種類がある!それぞれの特徴とサービスを徹底解説

トレーニングジムで汗を流すことは、ダイエットはもちろん、体型維持やストレス発散にも効果的です。とはいえ、ひと口にトレーニングジムと言っても、さまざまな種類があって、それぞれに特徴が異なります。そのため、いざトレーニングジムに通おうと思っても、どれが自分に合うのかわからないという方は多いのではないでしょうか。

今回は、トレーニングジムの種類とそれぞれの特徴やサービスについて、詳しく解説していきます。

公営のトレーニングジム

公営のトレーニングジムというのは、市町村などの自治体が運営しているジムのことです。市営体育館や市営グラウンドなどに併設されていることが多く、市民に一般開放されています。健康維持のために適度な運動を自分のペースで行いたいという方におすすめの施設です。

価格帯

市町村によっても異なりますが、公営のトレーニングジムの利用料は回数制や時間制のところが多く、相場としては300円~1,000円が一般的です。

サービス内容

エアロバイク、ランニングマシン、筋トレマシンなど基本的な設備は揃っているところが多く、施設によってはプールやエアロビなどができるスタジオがあるところも。ただし、サービスや設備の充実度合いは市町村によって差があるのも事実です。

メリット、デメリット

公営トレーニングジムの最大のメリットは、何と言っても低価格で基本的なトレーニングができるという点です。例えば民間のトレーニングジムの場合は月額制が一般的で、入会金などが必要なところも多くありますが、公営の場合には「1回○円」という都度払いや、回数券での利用が可能なため、自分のペースで通うことができます。

ただし、利用料が安いことから学生から高齢者まで幅広い層の利用者がいて、曜日によっては混雑していることも。また、設備が古かったり、種類が少なかったりするためトレーニングが限られてしまうというデメリットもあります。

フィットネスクラブ

フィットネスクラブというのは、いわゆる会員制のトレーニングジムのことです。公営ジムは市町村などの自治体が運営しているのに対し、フィットネスクラブは民間の企業が経営しています。24時間営業のジムや、全国すべての系列店が利用できるジムがあるなど、さまざまなサービスを提供しているため、ライフスタイルに合わせた通い方ができるのが魅力です。

価格帯

フィットネスクラブの価格帯は公営ジムと比べるとかなり高く、月額6,000円~15,000円という価格帯が一般的な相場でしょう。また施設によってさまざまな料金プランを設けているのも特徴で、平日のみ、もしくは土日のみ利用できるプランや、昼間のみ、もしくは夜間のみ利用できるプラン、好きな時間に好きなだけ利用できるプランなどからライフスタイルに合わせて選択することができます。

サービス内容

サービス内容は店舗によっても差がありますが、一般的には公営ジムよりも設備面、サービス面共に充実していると言われています。有酸素運動に適したマシンはもちろん、ベンチやダンベル、バーベルと言った筋トレマシン、ヨガやエアロビなどのレッスン用スタジオ、温水プールなどのほかに、シャワーやバスルーム、サウナなどの設備が整っているのもフィットネスクラブの魅力のひとつです。

メリット、デメリット

フィットネスクラブのメリットは、やはり金額に見合うだけの高レベルなトレーニングやサービスが受けられるという点です。店舗によっては入会時に専任スタッフにトレーニングプランの相談ができたり、マンツーマン指導を受けられたりするところもあり、目的に合わせた効果的なトレーニングを行うことができます。

一方、デメリットとしては、やはりコスト面での負担が大きいことが挙げられます。月額制の場合には、通っても通わなくても会費を払う必要があるため、人によっては無駄な出費となってしまうケースも。

月額制のフィットネスクラブを選ぶ場合には、自分が確実に通える曜日、時間帯を選択するなど、プラン選びにも注意が必要です。

パーソナルトレーニング

パーソナルトレーニングは、専属トレーナーからマンツーマンの指導を受けることができるジムのことです。利用者一人ひとりの目的や目標に合わせたトレーニングプランを作成し、運動面だけでなく食生活のチェックなど体重や健康に関する全てのことについてアドバイスを受けることができます。確実に痩せたい、効率的に筋肉をつけたいなど目的のはっきりした方におすすめです。

価格帯

パーソナルトレーニングの料金体系は月額制よりも、2~3ヶ月などの短期コースでの支払いが多いようです。料金は期間によっても異なりますが、相場としては2~3ヶ月で20万円~30万円が一般的だと言われています。人気のあるトレーナーや実績のあるトレーナーの場合には3ヶ月で50万円を超えるケースもあるようです。

サービス内容

一番の特徴は、マンツーマンの指導が受けられるという点です。指導をするトレーナーはトレーニングの資格を持っている方が多く、本格的で効率的なトレーニングを受けることができます。また、運動面の指導だけでなく食事指導をしているところも多く、食生活を見直して痩せやすい体にすることができるのも魅力です。レッスンは完全予約制のため、フィットネスジムなどのようにマシンの空きを待つ必要もありません。

メリット、デメリット

パーソナルトレーニングのメリットは、目標を達成しやすいという点です。ダイエットや筋力アップなど目的に応じて専属トレーナーがメニューを考えてくれるため、効率的にゴールを目指すことができます。また、マンツーマンなのでトレーニングのモチベーションを維持しやすいのも魅力と言えるでしょう。

一方のデメリットとしては、やはり他とは比べものにならないほどのコスト面での負担が挙げられます。

トレーニングジムは種類によってサービスの内容や料金などが大きく異なります。まずはジムに通う目的やかけられるコストを明確にしたうえで、上記の内容を参考にしながら自分にぴったりのトレーニングジムを探してみましょう。