Parse error: syntax error, unexpected '[', expecting ',' or ';' in /home/perform2017/best-performance.net/public_html/test/column-detail-head.php on line 38
送料無料まであと¥ 10,000(税込)です。

ARTICLE健康 コラム|記事

  1. トップ
  2. コラム一覧
  3. 体の不調 / 健康の改善方法
  4. 顔がかゆい?それは花粉皮膚炎かもしれません!

BEST PERFORMANCEでは、ご提供する健康にまつわるコラムをご提供しております。今回のテーマは「顔がかゆい?それは花粉皮膚炎かもしれません!」です。ぜひご覧ください。

ARTICLE THEMA顔がかゆい?それは花粉皮膚炎かもしれません!

花粉症の方には、辛い季節になってきました。
花粉症といえば目や鼻水やくしゃみが止まらないなど症状としては様々ですが、この花粉症ではないのに顔がかゆい ということがあります。
この季節に発症する人が多く、最初のかゆみや赤みがどんどんひどくなってしまうことがあります。これはアレルギー体質の人だけでなく、敏感肌の人にも起こってしまうのです。特に目の周りや頬、顎、首など広い範囲でかゆくて赤みが出るのが特徴です。

花粉皮膚炎の予防方法は

花粉皮膚炎にかかわらず、皮膚炎になりやすい原因の一つに、自分自身の持っている肌バリアーの低下があります。
肌バリアーの低下の原因としては、

○乾燥

冬から春にかけては、空気自体も乾燥しています。
さらにその空気の乾燥に加えて、洗いすぎも肌の乾燥の原因になってしまいます。
体の為にと長時間お風呂で体を温めたり、熱いお風呂に入るのが好きという人は、肌の乾燥の原因になってしまいま す。
だいたい10分を超えるとどんどん肌のセラミド成分がお湯に流出してしまい、その為に乾燥してしまいます。美容の観点から言うとその時間は5分とも言われています。しかし、お風呂にはゆっくり浸かりたいなと言う場合は、お風呂から出たらすぐに保湿を心がけるようにしましょう。
そして朝のシャワーや洗顔も気をつけたいところです。
朝の洗顔に洗顔料を使ってしっかり洗いすぎるのは、必要な肌バリアーを流してしまいがちなので、乾燥が激しい時はやめてみるのも一つの方法だと思います。

○生活習慣

肌バリアーを整えるためには、普段の手入れ以外に生活習慣を整えることが大切です。
睡眠不足、バランスの悪い食生活、適度な運動など、体のために大切なことはお肌にとっても大切なことです。

すでに花粉症の人が気をつけたいところ

すでに花粉症の人の場合、目がかゆかったり、鼻水が出たりと、顔を触る機会が多くなってしまいます。
その為に、花粉によってお肌のトラブルにまでならないように気をつけましょう。目の場合は、かゆく擦りたくなってしまいます。ただ、目の周りは非常に肌が薄く、もともと弱いところです。ここをかゆくて擦ってしまうと、目にも悪いですが目の周りの肌が赤くひどくなってしまったりします。
鼻も、鼻水をかむ為に何度もティッシュを使います。この為に鼻の下だけでなく、鼻の周りもティッシュによる摩擦がおきてしまいます。
これらのことで肌バリアー機能が崩れてしまい、花粉の攻撃を受けやすくなってしまいます。いつも以上に肌を守る為に、しっかりとした保湿と、ホホバオイルやスクワランオイル、ワセリンなどで肌バリアーを作って、花粉から肌を守るようにしましょう。さらに家に帰ってきたときに、顔を優しい泡でこすらないように洗うようにしましょう。タオルで拭くのもゴシゴシしないで、すぐに保湿化粧水とクリームをつけて保護しておきましょう。

いつもよりも少し丁寧にすることで、すでに花粉症の人は肌トラブルを防ぎます。
まだもう少しこの辛い花粉の季節が続きますので、ひどくならないように気をつけて下さいね。

この記事を書いたライター
近藤 澄代 美容師 / Best Performance サポーター
渋谷にある美容室TRUEとTRUEsouthの2店舗マネージャー。 テレビ、ライブ、広告、雑誌等でヘアメイクとしても活動。 オーガニックシャンプーやまつ毛美容液の開発プロデュースをして、髪の事、皮膚の事、メイクの事、研究しています。 メンダル心理カウンセラーの資格もあり、心についても勉強中です。