Parse error: syntax error, unexpected '[', expecting ',' or ';' in /home/perform2017/best-performance.net/public_html/test/column-detail-head.php on line 38

ARTICLE健康 コラム|記事

  1. トップ
  2. コラム一覧
  3. 体の不調 / 健康の改善方法
  4. スマホやパソコンの疲れ目を楽にできるホットタオルの利用法

BEST PERFORMANCEでは、ご提供する健康にまつわるコラムをご提供しております。今回のテーマは「スマホやパソコンの疲れ目を楽にできるホットタオルの利用法」です。ぜひご覧ください。

ARTICLE THEMAスマホやパソコンの疲れ目を楽にできるホットタオルの利用法

毎日ほとんどの人がスマホやパソコンを使って目を酷使しています。
そんな疲れた目を放っておくことで、頭痛、肩こりなどにつながってしまいます。

疲れ目は目の筋肉の緊張から起きます。温めることでその緊張から目の血行を良くすることができます。
スマホなどの使いすぎには疲れ目以外にもドライアイになってしまうこともあります。

ドライアイの場合もホットタオルを使うことで、目の周りにあるマイボーム線から分泌される油分を目に行き渡らせるサポートをしてくれます。
市販のアイマスクなども簡単に使うことができますが、それらがない時などは簡単にできるホットタオルを使うことで、同じく簡単に目を温めることができます。

○ホットタオルの作り方

・タオルをたたんで濡らして、しっかり絞ります。

・そのまま、電子レンジで約1分。

(ただし、機種によって温まり方が全然違うので、自宅のレンジによって調節してください。)
(あまり濡れたままやると、熱くなりすぎ火傷する恐れがあるので、気をつけてやってください。)
出してから、あまり熱すぎるとかえってお肌のトラブルを起こす危険性があるので、お風呂の温度程度に冷ましてから使用してください。

○ツボを押す

ホットタオルでほぐした後、目の周りの疲れ目に効くツボを押すのがポイントです。
ツボのポイントは

・ 眉頭の骨の下あたり(さんちく)

・ 目頭のくぼみ(せいめい)

・ こめかみのくぼみ(たいよう)

このあたりを軽く指で押すようにすることで、より効果的になります。

○目の疲れからくる痛みにも使えるホットタオル

目が疲れて頭痛や肩こりなどが起きた時に、ホットタオルを目の上に乗せるだけではなく、首や首の付け根などを温めることで、さらなるホットタオルの使い方があります。
後頭部の首から頭へつながるところの左右のへこみにあるツボ(ふうち)も目のツボになります。

後頭部から首までを温めると、

・ 脳の緊張

・ 自律神経

この2点に効果があると言われています。

この場合冷めやすいので、上から乾いたタオルを一枚乗せることで、すぐに冷めるのを防ぐことができます。
さらに好きなアロマオイルを垂らした水で濡らしたものでやるといいと思います。
このように、簡単にできる目の疲れを癒すホットタオルをうまく使ってみるといいですね。

この記事を書いたライター
近藤 澄代 美容師 / Best Performance サポーター
渋谷にある美容室TRUEとTRUEsouthの2店舗マネージャー。 テレビ、ライブ、広告、雑誌等でヘアメイクとしても活動。 オーガニックシャンプーやまつ毛美容液の開発プロデュースをして、髪の事、皮膚の事、メイクの事、研究しています。 メンダル心理カウンセラーの資格もあり、心についても勉強中です。