Parse error: syntax error, unexpected '[', expecting ',' or ';' in /home/perform2017/best-performance.net/public_html/test/column-detail-head.php on line 38
送料無料まであと¥ 10,000(税込)です。

ARTICLE健康 コラム|記事

  1. トップ
  2. コラム一覧
  3. 体の不調 / 健康の改善方法
  4. 今知っておきたい、紫外線について

BEST PERFORMANCEでは、ご提供する健康にまつわるコラムをご提供しております。今回のテーマは「今知っておきたい、紫外線について」です。ぜひご覧ください。

ARTICLE THEMA今知っておきたい、紫外線について

だんだん日差しが強く、暑いと感じる日も増えてきました。
春の場合、紫外線量は増えてきているのに、気温が夏ほど高くないのでついつい油断しがちです。
アウトドアの遊びの予定がある時は、忘れないようにしたい事です。

●紫外線対策の大事な2つ

日焼けをしないように気をつけるために、日焼け止めをつけるのですが、紫外線の種類の中で何に気をつけるのか?ということが大切です。
紫外線にはA波B波があります。それ以外にもありますが、お肌に関係するのはこの2つです。
この紫外線の種類によって、どのような時にどのようなタイプのものを使うといいかを知っておく事で、無駄に強い日焼け止めをつける必要がなくなります。

○A波

波長の長い紫外線で、曇った日や冬でも地上に降り注ぎます。窓をも通し、一年中そそがれていて、特に春から強くなっていきます。
この紫外線A波の問題は、直接的に肌を赤くするような日焼けではないので見逃しがちです。しかし肌の真皮まで到達するため、肌のハリや弾力を失わせてしまいます。
このA 波を防ぐために使う紫外線カットの表記方法は、「PA」という値で表記されます。
PA+
PA++
このような方法で表記されています。
仕事の時ですが、オフィスの作り方で窓が大きくガラス張りのところがありますが、そのガラスがUVカットになっていない場合も注意が必要です。気がつかないうちに、この紫外線をしっかり浴びていることがあるのです。

○B波

春から夏に非常に多く、短い時間でも肌に影響があるので、春や夏のアウトドアレジャーの時や、長く外出するときなどに注意が必要です。肌が赤くなり(サンバーン)その2〜3日後に黒く(サンタン)になってしまうので、紫外線による日焼けというとこちらをイメージする人が多いと思います。
このB波を防ぐために使う紫外線カットの表記方法は、「SPF」という値で表記されます。
SPF10
SPF20
などと表記されていますから、よく見かけると思います。
このSPFというのは、日焼けの防御力の時間になります。外に出たりする時間が通勤程度の時間であれば、わざわざSPFの高いものを使う必要はありません。
しかし、長時間野外活動をする場合は高いものを使う必要があります。

男性の場合も、日焼け止めをつけることを気をつけないと、大きなシミなどの原因になってしまいます。
今日はどれだけの時間、外にいるのかなどの状態に合わせて、紫外線ケアをしてみるのが大切です。

この記事を書いたライター
近藤 澄代 美容師 / Best Performance サポーター
渋谷にある美容室TRUEとTRUEsouthの2店舗マネージャー。 テレビ、ライブ、広告、雑誌等でヘアメイクとしても活動。 オーガニックシャンプーやまつ毛美容液の開発プロデュースをして、髪の事、皮膚の事、メイクの事、研究しています。 メンダル心理カウンセラーの資格もあり、心についても勉強中です。