Parse error: syntax error, unexpected '[', expecting ',' or ';' in /home/perform2017/best-performance.net/public_html/test/column-detail-head.php on line 38
送料無料まであと¥ 10,000(税込)です。

ARTICLE健康 コラム|記事

  1. トップ
  2. コラム一覧
  3. 体の不調 / 健康の改善方法
  4. スポーツ後の汗かぶれ大丈夫ですか?

BEST PERFORMANCEでは、ご提供する健康にまつわるコラムをご提供しております。今回のテーマは「スポーツ後の汗かぶれ大丈夫ですか?」です。ぜひご覧ください。

ARTICLE THEMAスポーツ後の汗かぶれ大丈夫ですか?

通勤の時、スポーツの時など、暑い時に汗をかきます。
その汗が原因で肌トラブルになってしまうことがあるのをご存知ですか。
汗は体温調節のために必要なものですが、その汗の対処の仕方が問題なのです。

これから気温が上がるともっともっと汗をかくようになります。体の中でも皮膚の柔らかいところが赤くヒリヒリするような感じや、痒くなってしまうような汗かぶれによるトラブルが多くなります。トラブルになってしまう原因や、ならないようにする方法を知って対処しましょう。

◎汗の役割

その汗の成分は、ほとんどの99%が水分で残り1%に塩分やミネラル、タンパク質などが含まれています。
体が体温の上昇を感じると体全体の汗腺から汗を出し、皮膚表面を冷やして体温上昇を防ぐ役割をするのが汗の役割です。
体の中の汗腺は2種類あります。

・エクリン腺(体全体にあり、体温調節の汗を出すところです)
・アポクリン腺(体の部分的な場所に存在し、体温調節以外に、においの元になる成分が含まれています)

ほとんどの汗はエクリン腺からでるもので臭いもないのですが、このかいた汗を放っておくことで、雑菌と混ざって臭いやかゆみになることがあります。

◎汗疹(あせも)と汗かぶれ

汗をたくさんかく時に、汗腺が皮脂などで詰まっていると起こるのが、汗疹(あせも)です。
大人の場合の問題は汗疹だけではなく、汗をかくとハンカチやタオルなどでゴシゴシ拭いたり、汗をかくことで必要以上にシャワーを浴びてボディソープなどで洗い過ぎてしまったりすることで、肌の表面の肌バリアの機能が失われてしまいます。
バリア機能が弱っているところにまた汗をかき、ハンカチなどでゴシゴシふいたりする事で、皮膚表面にごく小さい傷がつきます。そこにまた汗をかく事で、その部分がヒリヒリとした痛みになってしまいます。
さらにその傷の部分はかゆみを伴ったりするので、痒みがさらなる痒みを呼び、どんどん悪化してしまうのです。
この状態を繰り返す事で、かぶれを起こしてしまいます。ここまでくると自己判断するよりも、医療機関に行くことをすすめます。

◎汗かぶれを防ぐ方法

○汗のふき方

汗をかいた所をふく時には、タオルやハンカチなどでゴシゴシふくことをやめましょう。
アウトドアやスポーツをしているような長時間汗をかくような時は、強めにふいていないつもりでも、同じ場所を何度もふくことになり、それはゴシゴシふくことと同じの強めな刺激になってしまいます。
ゴシゴシとこするようなふき方をせず、ハンカチやタオルなどで押さえて吸わせるようなふき方をしましょう。
濡らしたタオルなどで、汗を優しく押さえてふくようにすることもオススメです。

○保湿

肌バリア機能が失われると外部の刺激を受けてしまうので、1日に何度もシャワーを浴びるような場合は、ボティーソープなどの使い方に気をつけて、洗いすぎをやめましょう。
そして、しっかり保湿を心がけましょう。水分の保湿だけでなく、ホホバオイルやスクワランオイルなど、皮脂膜になるようなものを使って保護することも大切です。

この季節は汗をかくことはとても大切ですので、肌のトラブルにならないように普段のやり方を見直してみましょう。

この記事を書いたライター
近藤 澄代 美容師 / Best Performance サポーター
渋谷にある美容室TRUEとTRUEsouthの2店舗マネージャー。 テレビ、ライブ、広告、雑誌等でヘアメイクとしても活動。 オーガニックシャンプーやまつ毛美容液の開発プロデュースをして、髪の事、皮膚の事、メイクの事、研究しています。 メンダル心理カウンセラーの資格もあり、心についても勉強中です。