送料無料まであと¥ 5,000(税込)です。

ARTICLE健康 コラム|記事

  1. トップ
  2. コラム一覧
  3. 体の不調 / 健康の改善方法
  4. まさかの雨天決行!マラソン大会当日に準備するべき雨対策

BEST PERFORMANCEでは、ご提供する健康にまつわるコラムをご提供しております。今回のテーマは「まさかの雨天決行!マラソン大会当日に準備するべき雨対策」です。ぜひご覧ください。

ARTICLE THEMAまさかの雨天決行!マラソン大会当日に準備するべき雨対策

マラソン大会当日、雨が降ってしまったらどうすればいいのでしょうか。何も対策をせずに臨んでしまったら、大会を楽しむことができず後悔することになるかもしれません。今回は雨対策について、絶対に知っておきたいポイントをご紹介します。

雨に濡れたときの影響

雨天のマラソンでは、雨によって体や走りにさまざまな影響を受けることになります。まず、雨に濡れれば体が冷えます。走っている間は体が発熱しているのである程度、耐えることができますが、寒い季節や風の強い日は体温を奪われる上に素肌をさらしている部分が冷え切り、筋肉が強張っていきます。
また、スタート前の待機が寒くて辛いという問題もあります。大きな大会では、1時間近く雨に濡れながら待つこともあるので注意が必要です。
雨が降っていると視界も悪くなるので、眼鏡をかけている人はとくにやっかいです。靴の中に水が入り込んで靴下が濡れるのは不快なだけでなく、足が重くなって走りに影響します。さらに路面が滑りやすくなり、水たまりもできて走りづらくなるでしょう。

準備するべきグッズ

以上のようなことを考えて、雨の日のマラソン大会ではしかるべき雨対策を行うことが必要です。次のようなグッズを準備しましょう。

ポンチョ

頭からすっぽりとかぶって体を覆うポンチョは、寒いときや待機時に役に立ちます。100円ショップで売っているポンチョでもかまいませんが、使い勝手がいいのは透明なゴミ袋で作るお手製ポンチョです。首と腕の部分にだけ穴を開けてかぶれば、シャツにつけたゼッケンも見えます。不要になったらエイドステーションのゴミ箱などに捨てることができるのも便利です。まれに路上に捨ててしまう人がいますが、これはマナー違反なので絶対に止めましょう。

防水キャップ

防水性のあるツバ付き雨天用ランニングキャップも、あるとないとでは大違いです。目と顔に雨が当たるのをある程度、防いでくれるので、マラソン中のストレスが軽減されます。眼鏡をかける人は、帽子に加えてレンズを石鹸で洗っておくと水滴が流れ、曇り防止にもなります。帽子が防水加工されていない場合は、ビニール袋を切って帽子にかぶせるのも効果があるでしょう。

速乾性の靴下

雨の日のマラソンで靴からの水の侵入を防ぐことは不可能です。靴下は綿素材のものを履いていると靴の中で水をたっぷりと吸ってしまいます。高機能素材を使った速乾タイプの靴下を用意しましょう。マラソン用のランニングソックスは靴ずれも起きづらく快適です。

ワセリン

首や腕など肌が露出している部分はワセリンを塗るのがおすすめです。ワセリンは撥水機能、保温効果があり、お腹に塗っておくのも体が冷えづらくなります。雨の日以外にも、足の指の豆防止、太腿や乳首に塗って肌擦れ防止などに使えるので一つ用意しておきましょう。

防水バッグ

マラソン中に預けることになる荷物も濡れないよう雨対策を。レース後にバッグの中身がぐっしょりと濡れていると着替えもままなりません。防水バッグをビニール袋で2重に包むくらいでちょうどいいでしょう。なお、濡れたウエアを入れるなど用途が幅広いビニール袋もたくさん用意しておいてください。

走行中や前後に注意すべきポイント

雨の日のマラソンは準備運動を念入りに行いましょう。ストレッチなどで体をよくほぐし、体を温めておきます。雨の日は筋肉が強張りがちなので、あらかじめ筋肉を動かしておくことは、タイムにも好影響をもたらします。
ランニング中は足元に注意します。水たまりは下手に回避するより、浅いものなら突っ切ってしまったほうが早いでしょう。ただし、すべらないように注意。また、雨の日は走るのをやめてしまうと一気に体が冷えるので、スローペースでも足を動かし続けることが肝心です。

走り終わった後は乾いたタオルなどで体を拭くことを最優先に。濡れたウエアもすぐ着替えること。その後はゆっくりとお風呂に入って体を温めてください。

雨の日のマラソンはいつもよりもずっと多く体力を使います。準備のあるなしが体力の消耗度を左右し、レース結果にも大きく影響します。雨が降りそうだと思ったら、必ずしっかりとした準備をしてください。